同性愛者に聞く恋愛とセックス

同性愛者に聞く恋愛とセックス

世の中には、様々なカップルがいます。年齢で切り分ければ若者から高齢者まで。大きな歳の差があったり、国籍が違ったり、本当に多種多様です。そんな中に、同性同士のカップルというものも存在することを、意識したことはあるでしょうか?

普段はあまり出会うことがないと思いがちな同性愛者ですが、実は、少なくとも障害者手帳を持っている人と同程度の数が、日本にもいると言われています。あなたが気付いていないだけで、実は今あなたと道ですれ違っているかもしれません。そのくらい、彼らは身近な存在です。

同性愛者も恋をする

同性「愛」というほどですから、彼らは、恋をする・人を愛する経験をすることで初めて「自分は同性愛者である」と気付きます。つまり、あなたが思春期に異性を好きになったのと同じように、彼らも恋に落ちるということです。好きな人ができたら、どうにかして仲良くなろう、相手を自分だけのものにしよう、と努力しますよね。それと全く同じ事を、彼らもしています。ただ、相手が同性だというだけです。「普通」の人と同じ部分もありますし、違う部分もあります。

交わりがないからこそ

しかし、彼らは自分が同性愛者であることを、基本的には隠しています。したがって、普通の人が彼らの存在に気付くことはあまりありません。たとえ会社で隣のデスクに座っている女性が、昨夜、女性を相手に挑戦したナンパで奇跡的な大成功を収めていても、その成功体験を共有する機会は、そうそうないでしょう。それは、もったいないことだとは思いませんか?彼女に習ってあなたが同じ手を使っても、もしかしたら通用するかもしれないのですから。しかし、普段そういう視点での交流がない以上、こちらから歩み寄って、知ろうとするしかありません。

学ぶことは盛りだくさん

実際に、たとえばレズビアン女性が使う恋愛やセックスのテクニックは、普通の女性にも通用する物が多々あります。また、ゲイがセックスライフを楽しんでいる方法を聞くことで、一般の男性が自分の性生活について考え直すきっかけになることもあるでしょう。全く違う世界の人々だ、と線を引いてしまうのではなく、心を開いて歩み寄れば、今まで「普通」に生きてきた人には思いも付かないような発見があるかもしれません。

違う世界を覗いてみることは、頭を柔らかくし、新しい発見をするための準備運動のようなもの。自分とは違う生き方だからこそ、一人ではできない改革のきっかけになることもあります。恋愛が何故か上手くいかない、セックスがどうも思うようにいかない・・・そんな悩みを抱えた「普通」のあなたに、同性愛者たちの体験談や言葉は、特効薬になるかもしれません。