ゲイとレズビアンなら男女の友人になれる

ゲイとレズビアンなら、男女の友人になることができます。ゲイは恋愛対象が男性で、レズビアンは恋愛対象が女性なわけですから、お互い同性しか好きにならないわけですよね。そのため、ゲイとレズビアンならお互いを恋愛対象と見ずに、自然に友人関係を築くことができます。一般の男女と比べて、心からの友人になりやすいですよ。

ゲイとレズビアンは仲間同士

ゲイとレズビアンは、ある意味仲間同士と言えます。それは、ゲイもレズビアンもどちらも恋愛対象が同性であるからです。異性に恋愛感情を抱いて当たり前ということで、周囲にから言われもない差別を受けてきた経験もあるでしょう。しかし、ゲイとレズビアン同士ならお互いの立場と考えを理解できるのです。

男性だけを愛する男性と女性だけを愛する女性、それぞれ、同性を愛する者同士として似ているからこそ互いを尊重できると言えます。ゲイ同士だと、どうしても相手のことを恋愛対象として評価しがちになるのは否定できません。友情というよりも、愛情を感じてしまうことが多いのが、ゲイの男性同士で友情が深まりにくい理由とも言えます。

友人としては、恋愛感情を挟まない間柄であることが大前提となります。恋愛感情が入ったら、それは友情ではありません。ゲイ同士でも当然ながら友情を育むことはできるでしょう。しかし、片方が恋愛感情を持った時点で友情は終わるのです。しかも、友人として信じていた相手に裏切られることで修復も難しいのが現状です。

男女の垣根を越えた友情が芽生える

ゲイは男性、レズビアンは女性でありながらも、それぞれ恋愛対象が同性であることで男女の垣根を越えた友情が芽生えます。男女の友情はあると答える人と無いと答える人で、真っ二つに意見が分かれやすいものです。実際に、友情はあるともっていた2人がいつのまにか恋愛関係を持っていることも多くありますからね。最初は意識をしていなくても、だんだんとお互いのことを恋愛対象として見てしまうのも納得できる話です。

しかし、ゲイとレズビアンは自分の恋愛対象が同性であるため、男女の垣根を超える友情を育みやすいのです。相手を性的に見ないことで、純粋な友情を育むことができます。また、ゲイ同士でも話しにくいことが、レズビアンの友人になら話せることもあるかもしれません。

ゲイトレズビアンは、本当の友情を育む可能性があることを知っておきましょう。恋人はいるけど友人はいない、というのならレズビアンの女性を考えてみてください。それに、レズビアンなら恋愛対象にならないのですから、2人で出掛けてもパートナーに嫉妬されなくて済みますよ。

お互いが恋愛対象にならない心地よさ

2人でいてお互いが恋愛対象にならないのは、ある意味とても心地よい関係と言えます。男女でいると、どうしても意識をしてしまってぎくしゃくしてしまうものです。しかし、ゲイとレズビアンなら、相手が恋愛対象外なのは確実なので自分を飾り立てる必要もありません。

自分の素をさらすことができる、というのが友情を育む上で大切なことです。もちろん、浅い関係の友人たちもアリです。しかし、本音を話してぶつかっても、ケンカをしても理解をしてくれようとする友人は浅い関係からは生まれません。浅い関係から一歩進んだ友情を育むには、自分の本音で話すことができる相手が必要なのです。ゲイとレズビアンならば、恋愛を一切抜いた部分でお互いを理解し合える関係と言えます。

まとめ

ゲイであることで、言われもない差別を受けたり友人たちが遠ざかったりして悔しい思いをしたことがある人も多いでしょう。しかし、女性でもレズビアンだったらゲイの心中を理解してくれるはずです。ゲイとレズビアンなら、男女の垣根を越えて友情を育むことも可能なのです。恋愛対象が同性同士の2人なら、男女であっても一線を越えることないでしょう。自然な友人関係を築くのなら、レズビアンの女性が適しているかもしれませんよ。