年配のゲイの方は性的に衰えが心配にならいか?

ゲイの方は年齢層が広いということもあり、比較的ある程度年齢を重ねても性行為を続けられる方が高いようです。しかし、ゲイの方であっても男性であることには変わりなく、勃起に対して効果のあるお薬に頼るケースも多いと言えます。ここでは、年齢を重ねたゲイの方々の実情や、性行為に及ぶ際に自身の体の衰えをカバーする方法などについてご紹介します。

ゲイの現役時代は長い

実はゲイは年齢層が広く、早くは10代前半から『自分がゲイ』ということを認識します。また、女性よりも男性は性行為の現役時代が長いため60代を超えてもゲイとして性行為をしている方もいます。年齢を重ねるごとに、アナルセックスでも自らが攻め役になる「タチ」と呼ばれる男性が多くなりますが、男性器を受け入れることができる「ウケ」のプレイの両方のプレイを出来る方も多くなります。ただ、ゲイの方で圧倒的に若い方が人気がありますので、年配のゲイの方は相手を見つけることが大変になると言うのが実情です。

男性としての能力の衰えをカバーする方法

40代から60代になると、ゲイの男性の方も生物学上、どうしても性的な能力が衰えてしまいます。そのような場合、一般的な男性と同様に「バイアグラ」などのED治療薬を服用することで、性的な不能や精力の減退などをカバーする方法が採られています。
特にゲイの場合、相手を受け入れることを中心にする「ウケ」の方であれば、勃起不全などは問題ないケースもありますが、相手を責める「タチ」となると、どうしてもEDの解消は必須になってしまいます。そのようなときには年齢として男性としての能力が衰えた状態をカバーする方法として「バイアグラ」などが使用されています。現在は、ゲイであるかどうか、ということは問題なく、男性専門のクリニックなどで気軽に処方してもらえるため、それほど珍しい方法ではなくなってきているようです。

心理的な要因で性的に衰えていることも

ゲイの方も一般の男性と同様に、年齢を重ねるごとに性的に刺激を受ける機会が少なくなります。そうなると、必然的にセックスの機会も少なくなってしまう、年齢と共に体力や精力の衰えも気になってしまう、ということがあり、EDの兆候が強くなる傾向があります。
EDの多くは、心理的な要因が左右されているとされています。そのような場合には、バイアグラなどを使うことによって、症状を大きく改善することができます。ゲイの方の場合、特に年齢差が高いカップルとなることも珍しくないため、性的なフラストレーションの解消のためには、早めに専門医に治療を受けるなどしてバイアグラなどの方法で、性的に不満がある状況を解消するようにしておくことが求められると言えるでしょう。
EDについての詳細・・・・・EDとは?|浜松町第一クリニック