女の子はコレで落ちる!

ゲイもレズビアンも、普通に私たちが生きているのと同じ社会で生活をしています。つまり彼らも、一般の女性と接する機会が私たちと同じくらいあるということです。当然、女性側からアプローチを受けたり、自分からアタックして見事に女性を落としたり、といったことが、多少は起こります。

レズビアン(性同一性障害者を含む)と女性

彼女たちが普通の女性を落とそうと思ったら、結構ハードルが高いのが事実。相手は女性を恋愛対象として見ていないからです。そんな中、普通の女性と付き合うことに成功しているのは、ほとんどがかなりボーイッシュか、性同一性障害(身体は女性だが心は男性)の人。つまり、女性から見て何となく男性っぽく見える人ですね。きちんとオシャレに気を遣っていて、雰囲気だけでもカッコいいのは絶対条件です。
また、落とされた側の女性に、何が良かったから完全な男性ではない人と付き合ったのかと聞いてみると、その理由は大まかに2パターンに分かれます。「本物の男性よりも男らしいから」、若しくは「男性にはない繊細さなどがあるから」のどちらかです。前者は、自分を守ってくれそうな心意気や、包み込むような優しさ、身体を鍛えるなどして純粋に腕力が強いなど、男性としての良さが際立っていること。後者は、外見上は男性であるにも関わらず、一般の男性にあまり見られない共感性の高さや、感情表現の豊かさなどを持ち合わせていることが良く見えるようです。

ゲイと女性

一見、女性とは一切関わりを持ちそうにないと考えられがちなゲイですが、実は、本人達が望んでもいないのに、女性にモテるという人が後を絶ちません。少し探せば、「好きだった男性がゲイでした・・・どうしようもないのでしょうか?」と失意に暮れた恋愛相談を、ネット上でもあちこちで目にすることができます。結果的に結ばれることはないものの、そのくらい、ゲイという人種は女性から見て魅力的なのです。一体、何故なのでしょうか?
皮肉なことに、その理由として最も多く挙げられるのは、ゲイたちが女性に興味がない故の「ガッついた感じがしないから安心して一緒にいられる」というもの。女性は、心の準備が出来ていない内から自分を性的な対象として見る男性に対しては、どうしても好意より先に警戒心を持ってしまうもの。しかしゲイは永遠に彼女たちをそういった相手として見ないため、適度な距離を取って楽しく友人付き合いが出来ればよい、という感性でいます。必要以上に接近してくることも、不自然に避けることもありません。その距離感が、女性にとっては心地よいようです。
また、ゲイ業界は非常に見た目にうるさく、服装や体格などがイケていない人は、恋人どころか友達すら作りにくいという、非常にシビアな世界です。そのため、外見に気を遣う人が多くなるのも、女性から好意を持たれやすい原因なのだそうです。

まとめ

同性愛者に惹かれてしまう女性は、「際立った男性らしさ」「男性らしからぬ繊細さ」「積極的過ぎない態度」「オシャレさ」などに弱いようです。試しに、ゲイやボーイッシュなレズビアンのファッションや振る舞いを研究してみてはいかがでしょうか?