ゲイバーはどういうところ?

ゲイバーもタイプは色々で、本当にゲイの方が中心になって集まるところもあれば、一見すると普通のスナックやキャバクラのようなタイプもあります。また、本当にゲイの方が恋人を探しに来るような「ゲイの方専門」のようなゲイバーもありますが、多くの場合、一般の男女の方が訪れても、違和感なく過ごせるようなタイプの店も増えています。
ただ、ゲイバーに共通していることは「ゲイの方」が必ず、店のスタッフにいるということです。ゲイの方でも、まったく女装には興味がない、という方もいますし、本物の女性顔負けのような美人さんもいます。このあたりは個人差や店のスタイルによってもかなり違うところなので、興味がある方は、インターネットなどで事前に情報を調べてみるとよいでしょう。
参考サイト⇒全国おすすめ店一覧 - Gclick - ゲイイエローページ -

ゲイの方が女装をするバー

ゲイバーが有名になったきっかけは「女装するゲイの方が美人である」ことにあります。知らないで飲みにいって接客についてくれたスタッフを好きになったら、実はゲイだった、ということが驚きになり、ゲイバーの存在は一般にも知られるようになりました。
登場した初期の段階は奇異の目で見る方や差別も多かったようですが、現在はそれほど性的なこだわりも少なくなり、一般的に解放感のあるゲイバーであれば、男女で訪れる方も多くなってきたようです。「女性が接客してくれる店よりもサービスがよい」「価格が良心的で楽しめる」などが理由のようです。
女性のように接客してくれる女装したゲイの方にもそれほど違和感がなく、お店の雰囲気を楽しめることも人気のようです。首都圏や都市部を中心にゲイバーは有名店があり、また、個人で経営しているような小規模なゲイバーもあります。

本当に関係を求めて訪れるゲイバー

ゲイバーの中には、ゲイの方同士がお互いに恋人やパートナー、セックスフレンドを求めて訪れるような本格的なゲイバーもあります。このようなゲイバーは、あまり一般的に知られていませんが、ゲイの専門サイトなどでは紹介されており、料金体系やどのような客層が訪れているのか、ということが詳しく記載されています。
お互いに恋人を目的に訪れているだけに、出逢うことは決して難しいことでもなく、ほぼ訪れている方がゲイなので話も弾み、すぐに関係を築くことができるということが人気のようです。料金はそれほど高くなく、一般的なバーと同じような料金設定ですが、興味本位で訪れるようなお店ではなく、本当にゲイの方が集うお店なので、店舗内や雰囲気はゲイの方ではないと、驚くような雰囲気の事も少なくありません。

今ではかなり一般的ともなったゲイバーですが、このように場所によって目的が異なるとも言えます。もしもいわゆるノンケと呼ばれる方が訪れる際には、ある程度お店の目的について把握しておいた方が良いかも知れません。