ゲイの方がよく言う「ショタコン」って何?

ゲイの方には、特に未成年の若い方が好きな「ショタコン」と呼ばれる方がいます。これは隠語の一つなのですが、10代前半の中学生や場合によっては小学生のような少年との性行為をしたい、という妄想から生まれたものです。日本では条例や法律で、そのような年齢の男性と性的な関係を持つことは禁止されているため、隠れた欲望として持っている、ということです。
ちなみに、ショタコンはゲイの方だけではなく、女性の方にも多く、「若い10代前半の男性と関係を持ちたい」と思っている女性の方も同様にショタコンと呼ばれています。

同人誌にショタコンの展開が多い

ゲイの方でも、特に「ショタ」と呼ばれる10代全般の男性に興味がある方のフラストレーションの解消方法としては「同人誌」などで作品を閲覧する、という方法が採られています。実際に、未成年の男性を題材にした同人誌は多く、人気のアニメキャラクターなどをショタコンにした設定で作品が描かれています。
同人誌は、利益を目的としていないため、好きな者同士で好きな設定で性的な表現が出来るため、インターネット上でも無料・有料でダウンロードできる作品も含めて、意外と多く普及しています。また、ショタコン好きの方のための、ネット上のサークルなどもあり、作品などがゲイの方も含め、多くの方に読まれています。

ショタ好きのゲイの方もいろいろ

ショタ好きのゲイの方には、まだ実際に男性とアナルセックスをしたことがなく、漠然と興味を持っている10代から20代の方から、すでに男性同士の経験を深く積んだ40代以降の方まで、実に年齢的にもさまざまです。
多くのゲイの方にとって、ショタ好きの方は同人誌などの作品がフラストレーションの解消方法となりますが、主に「ショタ」と呼ばれる主人公が年配のゲイの「モブ」と呼ばれる男性と性行為をしている様子が描かれています。また、ショタがゲイに目覚めてオナニーをしている様子、同世代のショタの男性とゲイ同士のアナルセックスをしているなどの展開の作品が中心となっています。現実世界では、実際にはありえないことも、同人誌ならではの自由な展開で描くことができます。そのような妄想をかなえることができるため、現在も一定のニーズがあります。同人誌の中でも人気作品は専門のサイトで1000円程度で販売されています。

人の性癖というのはさまざまですが、こうした未成年の男性に興味を持つゲイの方というのは少なくないようです。いわゆるロリコン、と呼ばれる性癖に近いのかも知れません。もちろん、実際に未成年に対して性的な行為を行うのは禁止されています。そのため、今回ご紹介した同人誌が人気となっていると言えます。