同性婚について考えてみる

結婚は、長い間男女が行うものとして定着をしてきました。家族を作るためには、子作りも大切なことです。そのため、子作りが可能な男女だからこそ結婚が成り立つと考えられていたのです。しかし、時代は変わりました。いまや、子どもを作るために結婚するという考えは古いです。同性であっても、好きな者同士が結婚を考える時代になったのだと考えましょう。

ゲイでも結婚は可能になる日がくる

現在の日本では、同性婚はまだ認められていません。そのため、形だけ挙式をする人たちも多いです。しかし、いつかはゲイでも結婚が可能になる日がきます。すでに海外では、同性婚も法的に認められていることからも、将来的には日本でも動きが出てくることでしょう。

結婚は、基本的に籍を同じにすることになります。どちらかの籍に入ることで、法的な家族として認められるというわけですね。結婚をすれば、財産も共有することになるなど、な縛りが出てきます。しかし、愛する人だからこそ縛りが嬉しいというのもありますよね。

正式な結婚ができるようになれば、ゲイやレズビアンの世間的評価も見直されます。今まで好ましい態度を取ってこなかった人も、徐々に理解をしてくれるようになるでしょう。日本社会は、世界と比べて価値観が古いため、もう少し時間はかかりそうですが早く公的に結婚できるといいですよね。

ゲイだからって結婚できないのは変

そもそも、ゲイだから結婚できないというのは変です。たしかに、両性が家族を持つために行なうこと、ということならば両性でない以上結婚が認められないのも理解できます。しかし、結婚しなくても子どもは産み育てることができるわけですから、結婚の概念自体が成り立たないのです。両性でなくても、男性だけ、女性だけの夫婦があっても問題ありません。

ゲイやレズビアンのカップルが、恋人同士ではなく正式なパートナーとなり、幸せな日々を送ることができる。想像しただけで、素晴らしいことです。結婚は、子どもを産み育てることだけが目的ではありません。大人同士が、寄り添っていきていくための制度なのですからね。

愛する人と夫婦になるという幸せ

世の中には、夫婦であってもパートナーの愚痴ばかり言い合っている2人もいます。せっかく夫婦になったのに愚痴を言い合ってばかりでは嫌ですよね。でも、性別を超えて愛し合っている2人には問題ありません。

むしろ、ゲイ同士で結婚した場合は、男女の役割を押し付けることが無いため、純粋に相手のことを尊重できる夫婦になります。一般の夫婦だと、男性の役割と女性の役割があるだけでなく、何かといざこざが発生しやすくなるものです。その点でも、同性婚はメリットが大きいと言えるでしょうね。

同性婚が可能になれば、毎日の暮らしでも、愛する人と一緒にいることができれば苦労を感じないことでしょう。恋人同士でもなく同性カップルでもない、心が休まる関係性を楽しみたいですね。公的に結婚が認められる日まで、ゆっくりと関係を温めておくといいでしょう。

まとめ

今、同性婚に注目が集まっています。同性婚は、男性同士・女性同士で婚姻関係を結ぶことです。日本ではまだ正式に認められてはいませんが、結婚という概念が同じ籍に入るということなら、男性同士・女性同士でも理論上は問題がないはずです。将来的には、同性婚が普通になる日が来るでしょう。愛するパートナーと公的に認められる関係になれる日を、じっと待ちましょう。