トランスジェンダーの物語

最近日本でもよく耳にするようになったトランスジェンダーは、日本語では性別越境者と訳します。字面を見ればわかるとおり、トランスジェンダーという言葉そのものには、性を越えるという意味しかないのです。それなのに、日本語でトランスジェンダーは、一般的に体と心の性別が噛み合わない状態を指します。本当にこの説明でいいのでしょうか。

トランスジェンダーとはそもそも何?

日本では、トランスジェンダーを、心の性別と体の性別が噛み合わない状態と訳します。しかし、この説明は日本特有のもので、英語圏の認識とは異なっているのです。英語圏ではトランスジェンダーを説明する際には、傘を使って表現しています。

あらゆる意味合いで、性別を超える人たち全般を含む傘のような言葉だと認識されているのです。トランスには、越境するという意味があります。つまり、体と心の性別が一致しない人だけに限らず、トランスジェンダーの中には、性別に関してさまざまな考え方をする人がいるのです。

体と心の性別が一致しない人以外にも、性別に縛られず自由に生きたい人、男性がスカートをはくなど、敢えて性別とは違うファッションを着る人、男性として、女性として、その場その場で性別を区別しながら生きる人などがいます。心と体の性別が一致しない場合と比べると他のトランスジェンダーは、性に対する本人の考え方が大きく関わっています。

英語圏のトランスジェンダーは、個人個人の性別に対する考え方をふんわりと包括するニュアンスが強いので、いまいちイメージがわきにくいです。日本でトランスジェンダーの認識が瞬く間に広がったのは、心と体の性別が噛み合わない状態であると、ビシッと定義したおかげかもしれせん。物語としてわかりやすい分、共感しやすいのです。

心と体の性別が一致しないと表現するリスク

日本のトランスジェンダーは、わかりやすさと引き換えに、言葉の意味合いが酷く限定的になってしまいました。体と心の性別が噛み合わないことをトランスジェンダーと表現することはできても、他のケースでは当てはまりません。

したがって、日本のトランスジェンダーに当てはまらないそれ以外のケースへの理解は依然として進んでいないと言っていいでしょう。「なぜ心と体が男性なのに、わざわざ男性として女性のファッションをするの?」となるわけです。

また、心と体の性別が一致したトランスジェンダーもいます。男性の体で生まれた人が、女性となるべく自覚性転換手術をすれば、体と心の性別は一致します。それなのに「あなたもともと男性だから何しても結局男性で、性別一致しないじゃない」なんて考えを持つのは、余計なお世話です。

さらに体と心の性別が一致しない、という表現は、一致しているマジョリティー側から見た表現。そのため、普通じゃないんだ、かわいそうというある種の上から目線の考えになりやすいです。

もともと、性別の垣根を超えた表現としてトランスジェンダーという言葉が生まれました。しかし、日本語で心の性別と訳したので、あたかも心に性別があるかのようになり、いたずらに分類が増えることとなってしまいました。トランスジェンダーとは、生物的以外に、社会的な男性や女性の垣根を超えて自由に自分らしく生きようとする人も含みます。決して性同一性障害の人が性別を一致させるためにトランスジェンダーとなるケースばかりではないのです。